フロイド・メイウェザーやヒクソン・グレーシーから学ぶビジネス論

雑談
スポンサーリンク

まいど、ボンです。

観ました??

大晦日に開催された格闘技イベント「RIZIN(ライジン)」

えっ?やっぱ紅白?

うんうん。わかる。サザン米津玄師とか良かったもんね

視聴率も良かったみたいだしねー

ボクなんか、どちらも捨てがたくて

スマホとタブレットで同時に観てたくらいだからね(裏番組の録画が出来ないから)

 

んでね、話戻してRIZINね(;’∀’)

 

その中でメインイベントを飾ったのが…

那須川天心vsメイウェザー戦でした

前人未踏のボクシング50戦無敗5階級制覇をしているメイウェザー(41歳)に対し、若干20歳にして33戦無敗の那須川天心が立ち向かうと言う構図。

 

結果は

メイウェザーの1RTKO勝ち(139秒)

まぁ、5㎏以上の体重差、ルール共にメイウェザーに有利な内容だったし、

始めからアンフェアな戦いだし、ミスマッチな対戦相手でもあった事を思うと当然の結果って感じでもありました(汗)(キックボクシングルールであれば勝つ可能性もあったと思うけど)

 

それよりもボクが注目したのは

2015年には370億(生涯年収1000億以上?)とも言われ、スポーツ選手で最も稼いだ選手でもあるメイウェザーのビジネス手腕でした

彼は「偉大なチャンピオンでもあり、偉大なビジネスマン」「金の亡者」など色々と評されたりもしてます

メイウェザーは最高のプロモーター?

  • 負ける可能性が高い相手とはマッチメイクしない
  • ヒール役となって話題性を煽る
  • 巧みな交渉術
  • 日本での興行は後々のブランド展開への足掛かり

今回のマッチメイクに関しても、完全に主催者側がメイウェザーの術中にハマった感じ

結果的に139秒の試合で楽々と10億円を稼いだと言われているので、そのビジネスの上手さは他のどんな有名な経営者よりも、ある意味スゴイ手腕なのかも知れないって思った

ビルゲイツ以上か?(笑)

 

試合戦術も、年齢を重ねる事に「ディフェンス重視」に移行。

打ち合いに応じずに選手寿命を延ばし、巧みなディフェンス技術でフルラウンドで判定勝ちと言うファイトスタイルが最近の持ち味

まさにリスクマネージメントも完璧って感じです

酷評・批判されながらもスポーツ長者番付に君臨しているってコトは、ビジネスマンとしては成功者である事には違いありません

カッコいいとか、ファイターとしての在り方だとかはどうでも良くて「全てはマネーのため」って感じ

ある意味、潔い良いよね!(;’∀’)

 

彼にとって「ボクシング=お金」

ボクシングと言うスポーツが、ビジネスの為の手段でしかなかったってコト

別に批判してるワケじゃないし、需要があるんだから全然OKって感じなんだけど

そこまでお金欲しい?って疑問は残るかも(^▽^;)

 

スポンサーリンク

格闘技界の元祖ビジネスマンはヒクソン・グレーシー?

一方で、しっかりとビジネスをしながらも最強伝説を残した格闘家がいたりもする

それがヒクソン・グレーシーだと思うんだよね

 

ヒクソンって誰?って思う人も多いと思いますが、どこかの経営者や経済学者さんでもありません(笑)

格闘技が好きな方なら必ずと言って良いくらい知っている有名なブラジル人柔術家です

彼は総合格闘技の創成期に彗星のごとく現れ、数々の大舞台で活躍し、負ける事なく引退しました

当時ネームバリューがあった日本人格闘家の高田延彦や船木誠勝とも試合が組まれましたが、どれも圧勝しました!

 

彼の勝ち方はパウンドからの柔術技による対戦相手のタップ負けや失神、レフェリーストップという必ず1本勝ちってところに特徴があります

判定勝ちは見たことがありません(判定のないルールを採用しているのもあるけどね)

誰が観ても勝ち負けがわかりやすいですし、それがヒクソンの強さの象徴的なところでもあると思う

「誰が一番強いのか?」って論争は今も昔もありますが、ボクは間違いなく彼が最強であると思ってます

 

もちろん、ヒクソンが活躍した時代と今とではMMA(総合格闘技)の競技人口やスキルレベルが格段に違うのは理解しています

正直、ピーク時のヒクソンでも今のUFC(アメリカの総合格闘技興行団体)のチャンピオンと戦って勝てる可能性はほぼ無いと思ってますから

 

スポンサーリンク

それでも彼が最強だと思う理由とは?

常に”死”を覚悟した戦う姿勢や強い精神力がある

あるというよりも”感じさせる”と言った方が正確かも知れませんが、強くて負けない雰囲気を戦う前から醸し出しているんですよね(;’∀’)

スポーツの域を超えたオーラみたいなモノがあるって感じ

 

そんなヒクソンは自己プロデュース力に優れた格闘家と言えると思う

ファイターでありながら、自分の商品価値を高めることに長けたビジネスマンなのです

 

一見、メイウェザーともリンクしそうな話なんだけど、ちょっと違うのが

  • 強い相手、体格差のある相手とでも戦う
  • 自分が得意としないルールであっても受け入れる

みたいな、ファイターとしての意識の違いがあるんだよね

 

彼は柔術家であり、決して打撃は上手くは無いけど総合ルールで無敗

自称であっても400戦無敗というイメージを植え付けたまま引退しました

彼が総合格闘技で戦い続けた理由が「柔術」を広めるため、ファイターとしてのプライドを守るためでもありました

これって、すごくカッコいい生き方だなぁーって思った

で、

つまり何が言いたいのかというと、ビジネスにおいて何を大切にすべきかは人それぞれなんだけど、基本は同じで実績を作り、売り込み、商品価値を高めることでお金が付いてくるんじゃね?ってコト

  • 実績を作る(良い商品を追求)
  • 売り込み(発信)
  • 商品価値を高める(ブランド化)

特に軽視しがちなのが、売り込み商品価値の高め方だと思う

世の中には強い人って沢山いるし、良い商品なんていくらでもありますからねー

それが埋もれたままだと価値が無いのと同じってコト

 

美徳重視で売れないアーティストよりも、売れるアーティストを目指すべき

 

スポンサーリンク

まとめ

大切なのは、

自分の強みを上手く伝える発信力。

 

ボクは昔から目立ちたいとか、有名になりたい!とかって願望が全くないのに加え、むやみに人前で自分をさらけ出したくない!って気持ちがありました。

飲食業に転職後は限られた中であっても”料理で表現する事”が出来たら十分満足で、あらゆるメディアを使って人前に出てまで自分をアピールするようなコトはしたくない気持ちみたいなものさえありました。

 

ただ、これからボクが始めようとしている個人という単位での起業(ビジネス)となると、より多くの人に自分を売り込んだり、知ってもらう必要があるんだと思うんだよね

なぜなら、企業のような看板やブランド的なものが何一つ無い状態だから

 

今までは何をやるにしても、どちらかと言えば自己完結型でした

趣味程度なら自己満足で終わっても問題がなかったけど、ビジネスともなればまずは知ってもらう為の努力をして興味を持ってもらい、欲しいと思わせるような戦略が必要なはず

その為に大事なものが「自己プロデュース力」「発信力」だと気づいたのです

ボクの料理を食べたことがある人数なんてわずかですし、何処の誰が作ったのかわからないモノよりも、作り手の顔が浮かぶ方が安心するはずだからね

そうした信用が価値を生み、さらなる大きなビジネスにも繋がるはず!!

 

より多くの方々にボクと言う存在を知ってもらう為にも、苦手な自己プロデュースを追求しながら、今後もブログをはじめ様々なメディアを通して自分を伝えられるように日々発信していきたいと思っています。

 

て感じの、新年の決意表明でしたー!(*‘ω‘ *)

コメント